第22回わんぱく相撲東大阪場所

2016年 4月17日(日)

東大阪アリーナにて第22回わんぱく相撲東大阪場所を開催いたしました。

わんぱく相撲とは、東京青年会議所が1976年に始められ、今では全国約200の地域で開催される小学生対象においては全国最大規模の相撲大会です。 また6月には大阪府決勝大会が実施され、その上位者が東京・両国国技館で開催される全国大会に進むことができます。 東大阪青年会議所も子供たちの心身の鍛錬と健康の増進を目的とし、毎年この時期に開催しており、今年で第22回目を数えることとなりました。また、昨年より実施している「遊んで学ぼう!東大阪モノづくり体験教室」と題した様々な催しも開催いたしました。本年は250名以上の小学校1~6年生のわんぱく力士が集まり熱戦が繰り広げられました。

 

 午前中は開会式・予選が行われました

DSC_0321
スタッフ全員が集合して最終の打ち合わせです。

DSC_0340
参加者受付担当のメンバーです。

DSC_0331
入賞者に贈られるトロフィーです。

DSC_0332
6年生男子の優勝者に贈られる理事長杯です。

DSC_0352
参加者が続々と来場されます。

DSC_0358
まもなく開会式です!
DSC_0360
総合司会の篠原副委員長です。

DSC_0372
大会会長である寺田理事長の挨拶です。

DSC_0382
来賓を代表して野田市長の挨拶です。
DSC_0383
大会実行委員長の辻田委員長です。

DSC_0395
前年度優勝者より理事長杯の返還です。

DSC_0396
選手代表による選手宣誓です。
DSC_0438
予選が始まりました!
DSC_0444
子供達は一生懸命です!
DSC_0462
大人も真剣です!
DSC_0472
会場内は大きな歓声があがっていました。
DSC_0458
「頑張りや!」と声を掛けるメンバーです。
DSC_0445
決勝進出おめでとう!午後からも頑張ってね!
DSC_0442
大阪ブロック協議会の皆様と寺田理事長
DSC_0430
実行委員長を激励する寺田理事長です。

 「東大阪モノづくり教室」も同時開催されました!

DSC_0406
受付には行列ができていました。
DSC_0498
担当は塚田委員長率いる社会開発委員会です。
DSC_0474
メンバーとスタッフが入場口でお出迎え。
DSC_0495
参加者には「ナノハナちゃん」シールをプレゼント!
DSC_0466
「東大阪創作かるた大会」です。

DSC_0499
メンバーと一緒に東大阪について勉強です。
DSC_0488
「こうぐ体験教室」です。
DSC_0492
工具をつかって工作します。
DSC_0491
真剣な眼差しで説明を受けます。
DSC_0489
メンバーもお手伝いをしています。
DSC_0483
「ワイヤーアート体験教室」です。
DSC_0485
講師とワイヤーマン?です。
DSC_0482
線材(ワイヤー)を使って工作します。
DSC_0487
会場は満員です。
DSC_0475
「かみぶくろ体験教室」です。
DSC_0477
一生懸命、説明する講師の方です。
DSC_0478
紙を折るところから始めます。
DSC_0496
昨年の設営担当の安田副理事長です。

午後からは決勝戦が行われました!

DSC_0500
決勝戦は本土俵で行います。

DSC_0502
土俵入りを披露してくれた東大阪相撲協会の子供達です。
DSC_0529
大会本部席です。
DSC_0530
寺田理事長も真剣な眼差しで見守ります。

DSC_0583 DSC_0607
DSC_0572 DSC_0533
DSC_0550 DSC_0532
DSC_0659 DSC_0663

表彰式・閉会式です。

DSC_0668 DSC_0669
DSC_0709
6年生男子の優勝者には理事長杯が授与されました!
DSC_0719
最後に大会役員と入賞者で記念撮影です。おめでとうございます!

4~6年生の優勝者(横綱)、準優勝車(大関)の参加者には6月に開催されるわんぱく相撲大阪府決勝大会の出場権が与えらえます。東大阪の代表として頑張ってください。

本年度は3年ぶりに決勝戦を本土俵で開催いたしました。天候にも恵まれ、大きな歓声が飛び交う大変盛り上がった大会となりました。スタッフの皆様お疲れ様でした。そして参加してくれた皆様、ありがとうございました。

 

5月4日にTBS「水曜のダウンタウン」番組内にて

第22回わんぱく相撲東大阪場所の模様が放送されました。

企画内容は「わんぱく相撲」と書いてある看板を「わんぱく相模」という文言にすり替えたら会場の皆様は気付くのかといった検証でした。

大会終了時に番組の企画内容を会場にいる全ての方へ告知をいたしましたが、この場をお借りしまして改めて報告いたします。