活動報告 report

5月度例会~ワークショップで学ぶ「人材育成」~ 活動報告


2017年度5月度例会を、クレアホールふせにて開催しました。
~ワークショップで学ぶ「人材育成」~と題した本例会は体験学習を取り入れたスタイルで、今の時代を生きるリーダーに必要なコミュニケーションスキルを学ぶことを目的に企画いたしました。

講師の栗栖先生は「コミュニケーション次第で人が変わり、組織が変わり、人生が変わる!」をモットーに年間120回以上、企業・官公庁・教育・福祉・商工会議所・海外在住員等を対象に「コーチングのコミュニケーション」を中心とした講座やセミナーをされています。

セミナーでは、①ティーチングとコーチングの違い、②「聴く」スキル、③パラダイム…といったキーワードをもとに、様々な角度から「コミュニケーション」について紐解いて解説していただきました。
「きく」には3つの『聞く』『訊く』『聴く』が存在すること。なかでも最後の『聴く』が最も大切で、まず相手が何を考え、何を思い、何をしたいか、そして何を不満に思っているかなど、相手のことを知ることから始まることを学ぶことができました。
そしてリーダーには、自分を超える人材を育てるという使命があり、一方的に価値観を押し付けるやり方では人材の力を引き出すことはできないということも、参加したメンバーにとって大きな気付きになったことと思います。

他にも「ワールドカフェ」というグループディスカッション、コミットメントなど盛りだくさんの内容で、あっという間の2時間でした。
参加したメンバーが皆、楽しそうにイキイキとしていたことも印象的で、会員交流の意味でも大変有意義な例会になったことを嬉しく思います。

これを機に、自身もコーチングを実践し、会社や家族、友人とのコミュニケーションを見直していきたいと思いました。

指導力向上委員会 幹事 岩崎丈弥