湯茶接待~事業報告~

 

第97回 全国高等学校ラグビーフットボール大会の応援に駆けつけた方々や選手の皆様に、湯茶を配布いたしました。
全国高校ラグビーフットボール大会における湯茶の接待は、20年以上も続く東大阪JCを代表する事業であります。この素晴らしい継続事業を本年度も実施させていただく運びとなりました。
東大阪JCの事業は湯茶の接待で始まり、湯茶の接待で締めくくる大切な事業です。
湯茶の接待を通じて、一人でも多くの方々に「ラグビーのまち東大阪」を発信し、今後の東大阪市の発展に繋がれば幸いです。事業に携わっていただきました関係者各位、メンバーに感謝申し上げます。

本当に一年間ありがとうございました。

まちづくり委員会 小川 正

  

 

12月23(土)東大阪市の石切神社参道にて、東大阪市青少年健全育成小鳩基金協議会への寄付を目的として街頭募金を行いました。小鳩基金は1987年に東大阪青年会議所創立30周年記念事業の一環としてスタートし、「スポーツを通して健康で思いやりのある子供達を育む環境作りをする事業」、「体験学習の機会を与える事業」、「地域の青少年指導者の育成並びに助成する事業」を行うことを目的として設立されました。東大阪青年会議所も青少年健全育成事業への後援・協力を頂いており、本日も多くのメンバーが参加いたしました。メンバーの皆さんお疲れ様でした。

募金で集まった27,227円、4ユーロ40セントを東大阪市青少年健全育成小鳩基金協議会へ寄付させていただきました。募金にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

青少年健全育成委員会

 

大阪ブロック協議会 大納会 ~事業報告~

大阪ブロック協議会大納会 ~事業報告~

12月5日に梅田リッツカールトンにて、近畿地区協議会 大阪ブロック大納会が開催されました。
大阪にある29の青年会議所が一同に集まりました。会場は満員の中、東大阪青年会議所のホープとして期待される松村隆志君が2017年度最優秀出向者賞をいただきました。2016年度の畑崎公輔君に続き2年連続での受賞でメンバー一同が大いに盛り上がりました。また各青年会議所の次年度の理事長紹介や大阪ブロック役員紹介などあり、2017年を納めつつも、2018年が今にも始まりそうな期待を会場が包みこみました。2017年度大阪ブロックのメンバーの方々お疲れ様でした。

12月度例会「卒業式」~事業報告~

12月度例会「卒業式」

2017年12月2日(土)
ニューオータニ大阪

本年度最後の例会として12月度例会「卒業式」が開催されました。
卒業生スピーチでは現役メンバーに伝える最後のメッセージとして、また語りつくせぬ想いを3分間という短い時間にすべてを集約させ、その想いが会場を包み込みました。
私たち現役メンバーはしっかりと受け止め、これからの東大阪JCに継承していくことを約束します。

忘年会では理事長バッジ引継ぎ式を執り行い、高橋理事長から利川理事長予定者へバッジを引継ぎました。本年度の終わりを感じさせると同時に、また新たな歴史の始まりでもありました。

40歳までの年齢制限は青年会議所という名のつく通り、青年期だけを過ごすJC独自の制度であり魅力であります。
すべての力を出し切られた方、まだやり残したことがある方、それぞれだと思います。その様々な想いにたどり着けるのもまた卒業生にしか与えられません。だからこそ現役メンバーはしっかりと受け止める必要があり、今後のJC活動の指針にします。
卒業生には過去にお世話になった先輩諸兄に対し、成長した自分の姿を披露する場でもあります。そのために卒業式はあります。

本年度最後の例会の設営にあたり、共に至誠を以って関わってくださいました各委員会メンバーの皆様と、駆けつけて頂きましたシニアクラブの皆様に感謝いたします。
そして23名の卒業生の皆様、本当にご卒業おめでとうございます。

さらば友よ またこの場所で会おう!

会員拡大・会員交流委員会
委員長  岩根修治

「シングルマザーのライフプランニング ~子育てママの上手な家計術~」事業報告

「シングルマザーのライフプランニング ~子育てママの上手な家計術~」事業報告

2017年11月25日(土)若江岩田駅前市民プラザ多目的ホールにて社会的包摂実現に向けた講演事業を開催いたしました。「シングルマザーのライフプランニング ~子育てママの上手な家計術~」をテーマに講師に大阪府子ども家庭サポーターの辻由起子氏、マイライフFP代表の加藤葉子氏をお迎えしご応募いただいたシングルマザーさんにご講演をしていただきました。
講演では補助金や制度あり方など、丁寧に説明があり。また、子育てや教育方法など、シングルマザー目線で講演いただきました。
講演後の座談会では来場者の悩み中心に一つ一つ向き合い対応しており、来場者の心を掴んでいるように思えました。
別室ではお子様向けにメンバーの中野君に講師になってもらいおにぎり教室を開催いたしました。調理室から子供たちの笑い声がたくさん聞こえ和気あいあいあと行われました。
今年一年間、社会的包摂として障がい者、高齢者、シングルマザーと様々なテーマで事業を行ってきました。委員会メンバーをはじめ東大阪JCのメンバーに少しでも社会的包摂の意味を知ってもらえたかと思います。

まちづくり委員会 幹事
三宅 広明

青少年健全育成事業 ~事業報告~

先日、東大阪の魅力を動画で発信する「青少年健全育成事業」を行ないました。

子供たちと東大阪各所のたからものを調査・研究し、子供たち自身で調査結果の資料を作成し発信するという体験型プログラムを実施いたしました。

このプログラムは《一日目》9月9日(土)《二日目》10月9日(土)《三日目》10月16日(土)の3日間で行ないました。

参加者の子供たち5班と青年会議所の新入会員のメンバーの1班の合計6班で動画の撮影を行ないました。今回その動画をご紹介させていただきます。

また、3日間の事業全体の動画も作成させていただきましたので一緒に掲載させていただきます。

ハッピーガール

https://www.youtube.com/watch?v=W2_JnbSsd2w

ハッピーフレンズ

https://www.youtube.com/watch?v=bqC0Orj_5aA

ドリフクラブ

https://www.youtube.com/watch?v=hwdESuWj8Q8

ヒューマン

https://www.youtube.com/watch?v=EPhFkOj7OFI

いやし

https://www.youtube.com/watch?v=hLWF2-kver0

 

青少年健全育成委員会

11月度公開例会 ~事業報告~

11月度公開例会 ~事業報告~

 

11月17日(金)にユトリート東大阪にて、11月度公開例会『夢を形にしてみまへんか?』を開催いたしました。

 

講師に人工衛星まいど1号プロジェクトの発起人である青木豊彦氏をお招きし、「誇りをもてる仕事とは」というテーマでご講演いただきました。何のために働くのか、儲けるとはどういうことなのか、仕事に誇りをもっていますか、など一つひとつの言葉に熱い思いが溢れており、心にささるすばらしい講演をして頂きました。時折、感極まる場面もあり1時間という非常に短い間でしたが、ご来場くださった皆さまと貴重な時間を共有させていただきました。

その後、東大阪にある大学に通う学生とJCメンバーがグループを組み5つの班に分かれ「東大阪の魅力を発信する」をテーマにプレゼンを行いました。学生の斬新なアイデアにJCメンバーの知識・知恵を加えたもので、いずれの班も独創性にあふれ、甲乙つけ難い発表となりました。最後に青木講師から講評をいただき閉会とさせていただきました。

 

そして、市民の皆さまの投票を集計した結果、チーム「もったいない」の発表した『オーロラプロジェクト』が見事、最優秀賞に輝きました!おめでとうございます!

まちを思い、人を思い、共に描いたこの夢。いつの日か力をあわせて形にして参りましょう。

 

向寒の週末のなかお集まりいただきました市民の皆さま、またメンバーの皆さまありがとうございました。

 

指導力向上委員会  板倉 昌

異業種交流会「ダチ呑みPARTⅢ」~事業報告~

2017年11月15日

東大阪市 布施マテリ2F

参加者40名以上

 

本年度最後となる異業種交流会「ダチ呑みPARTⅢ」が開催されました。

フェイスブックを通じて参加された方や口コミで参加され方。そしてJCメンバーのお知り合いの方など多くの参加者で活気あふれるイベントとなりました。

 

「ナノハナちゃんの知らない世界」

東大阪JCが考案したキャラクター、ナノハナちゃんが案内人である寺田直前理事長から青年会議所とは何か?を実体験をもとに教えてもらう企画です。

ナノハナちゃんを三宅くんに着てもらい、声は別の場所から溝渕監事にご協力いただき、ギリギリのトーク連発で非常に盛り上がりました。

歓談中ではメンバーが積極的に参加者と交流し、ビジネスやプライベートをアツく語り合っていました。やはり経済人が多いので、ビジネスに何かのきっかけを求めて参加される方が多く7名の参加者に入会の意思を頂けております。

「ここに参加された時点ですでに動いている」と高橋理事長の挨拶であったように、このような機会は参加したからこそ見えてくるものがあります。日々のJC活動や日常生活でもまったく同じだと思います。

 

計7回におよぶ拡大事業で皆様には体力的な苦労をおかけしましたが、1年間本当にありがとうございました。

2018年度は35名、いや40名、いや50名も実現できるLOMの雰囲気になってきました。

 

時には起こせよ ムーブメント!

 

会員拡大・会員交流委員会

メンバー一同

   

11月例会の向けてのディスカッションを開催いたしました。

指導力向上委員会 11月例会の向けてのディスカッションを開催いたしました。

アイスブレイクののち大学生と指導力向上委員会のメンバーで
・東大阪の魅力について
・東大阪の課題について、
・それらを踏まえた試みについて
話し合っていただきました。
とても和気藹々とした雰囲気でいい意見がたくさん出ました。
また11/7の第2回を経て、11/17の例会で発表させていただきます。

参加いただいた大学生の皆様には懇親会までお残りいただきとても有意義な時間を過ごさせていただきました。
誠にありがとうございました。

指導力向上委員会

1 / 512345