メンバー専用メンバー専用

組織図・事業計画

2018年度 一般社団法人東大阪青年会議所 組織図

2018年度組織図

2018年度 東大阪青年会議所事業計画

ボタンを押すとPDFファイルにてダウンロードできます。

ダウンロード

2018年度 理事構成メンバー紹介

2018年度委員会事業計画

名前をクリックすると各委員会の事業計画がご覧頂けます。

指導力向上委員会
青少年健全育成委員会
まちの未来創造委員会
国際渉外委員会
まちの魅力発信委員会
広報会員交流委員会
総務広報委員会

指導力向上委員会

委員長 森井 紘文

『未来への人づくり』

私たちには、まちの未来をデザインできるオピニオンリーダーになる人材育成が必要です。JCには40歳までのかぎられた時間を活動していく中で、お互いに切磋琢磨する仲間との出会いが多くあります。
委員会、例会、各種事業の目的や意義、先人から受け継がれてきたJCの歴史を学ぶことで、英知と勇気をもって活動に取り組む人材へとなります。苦労や感動する仲間の姿を間近で感じることが、今後の歩みの志となり、まちのために率先し行動する原動力となります。やがてまちのためを想う情熱が周囲に感動を与え、まちの未来をデザインするオピニオンリーダーへ成長します。
新入会員には新たなステージに踏み出したことにより、成長した自分の姿を感じてもらうことで、JCに入会してよかったと思い、明るい豊かな東大阪の実現に向けて、青年としての先進性をもって、困難や失敗を恐れることなく、自ら果敢に行動していく強い心をもった人材へ導いてまいります。

2018年度委員会事業内容予定

開催予定日 事業名及び事業の概要
5月

指導力開発について学ぶ機会となる例会

リーダーのスキルアップについて学ぶ例会を企画・運営いたします。

11月

大阪ブロック大会でのブース企画・設営

東大阪の魅力を来場者に発信いたします。

11月

経営力開発について学ぶ機会となる例会

経営力開発によって新たなアイデアにつながることを学ぶ例会を企画・運営いたします。

4月・8月

会員研修プログラムの開催

リーダーとなる資質向上をめざした会員研修を開催し、またJCの本質を学ぶプログラムを利用いたします。

通年

委員会の開催

JCの基本を学び、活発な意見が飛び交う委員会の運営をいたします。

その他、委員会の取り組み事項

  • 新入会員の受け入れおよび承認式の設営(1月~7月)
  • 新入会員の入会式の設営(7月)
  • 3分間スピーチの設営
  • 東大阪JCの未来を担う人材の発掘および入会者支援

青少年健全育成委員会

委員長 菅井 洋平

『忘己利他』

LINEをはじめSNSの普及により容易に人と情報交換が可能になった反面、家族間や友人間においてお互いを思いやる機会が減少しているのではないでしょうか。人は相手の表情をみて話し、胸の内を汲み取りながら接することで思いやりが育まれます。
私たちは、心豊かで自分より相手の利を優先に考え行動する先人たちの教えを今一度学び、時代が変わろうとも大切な心を子供たちに伝えていきます。
子供たちにおいても、相撲を通じて礼節を重んじ真剣に戦うことで、勝敗の先にある相手を讃える感謝の気持ちを学んでもらいます。また団体競技では、仲間の個性を認め、自分の強みを活かしたチームワークを考える機会とします。さらには団体行動を通じて、誰に対しても思いやりを持ち、人のために行動することの大切さを体験してもらいます。
私たち委員会は、利他の精神を学び成長することで、心豊かな子供が溢れるコミュニティーの実現に向けて活動してまいります。

2018年度委員会事業内容予定

開催予定日 事業名及び事業の概要
2月

青少年教育について考える機会となる例会

地域の大人がコミュニティーを重んじる国民性を再認識し、今の子供たちにどのように伝えるか考える機会といたします。

4月

わんぱく相撲東大阪場所の開催ならびに関連する大会への協力

スポーツとしての相撲を通じ、礼を重んじ、規律を守り戦った勝敗の先にある、相手を敬う気持ちを学んでいただきます。

8月

人と人とのつながりの大切さを感じることのできる青少年育成事業の開催

誰に対しても思いやりを持ち、人のため・仲間のために考え、行動する大切さを感じる機会といたします。

10月

スポーツを通じたチームワークを考える機会となる例会

共通の目標を達成するために、仲間の個性を認め、自分の強みを活かすことで生まれるチームワークの大切さに気付く機会を提供いたします。

通年

委員会の開催

青少年育成を通じて利他の精神を学び、JCの活動意義を見出す委員会運営をいたします。

その他、委員会の取り組み事項

  • 全国ラグビー選手権大会開会式における人文字事業への協力
  • 東大阪市青少年健全育成小鳩基金協議会との連携および協力
  • 東大阪JCの未来を担う人材の発掘および入会者支援

まちの未来創造委員会

委員長 小平 賢一

『道経一体』

人は自分のためだけに動きがちです。自分のためだけの望みで動いた場合、一時的に大きな喜びをえられても最終的に思っていたほどの喜びにはなりえません。道経一体の精神をもって自分だけが満たされるのではなく他者を満足させ、地域に貢献することで持続性と発展性につながるのです。起業や経営のノウハウはもちろん道経一体の大切さを学ぶ塾を開催し、道経一体を実践できる未来の実業家を育成することでまちを活性化させ人口減少問題解決の一助につなげてまいります。
東大阪には多くの社会的問題があり行政や各種団体が問題解決に向けて取り組んでいます。それらの団体と密に連携を取り有用な情報を共有しながらも、問題をチャンスに転換できる青年ならではの柔軟で先鋭的な発想をもって問題解決に向けて取り組んでまいります。
当委員会では、自分たちだけでなく他委員会を思いやる心を大切にし、東大阪の未来のために広い視野をもって取り組んでまいります。

2018年度委員会事業内容予定

開催予定日 事業名及び事業の概要
2月・3月・4月・5月・10月

未来の実業家を育成する塾の開催

自社の利益はもちろん自社を取り巻く会社や東大阪の発展なども意識し道経一体を実践できる未来の実業家を育成する塾を開催いたします。

7月

社会的問題解決について考える機会となる例会の開催

青年ならではの柔軟で先鋭的な発想をもって問題解決に取り組み東大阪の社会的問題について考える機会となる例会を開催いたします。

通年

地域や行政における問題の解決に向けた調査および研究

社会的問題に対して取り組みを行っている行政・各種団体と連携を取り様々な問題の解決に向けた調査および研究をいたします。

通年

委員会の開催

自分たちのことだけでなくLOM全体、ひいては東大阪の未来のために広い視野をもてるメンバーとなることをめざし、各事業に取り組んでいける委員会を設営いたします。

その他、委員会の取り組み事項

  • 行政・各種団体との連携
  • 東大阪市民ふれあい祭り実行委員会への協力
  • 東大阪JCの未来を担う人材の発掘および入会者支援

国際渉外委員会

委員長 兵頭 角明

『新たな 人々との 出会い をめざし邁進よう 』

私たちは国際社会の一人としてグローバルな人材へ成長していく必要があります。昨年も台中JC並びにオウルJCを迎え親睦を深めることにより連綿と続くつながりの大切さを実感できる機会を獲得できました。本年も両国との友好をより発展させるためにも、各国へのさらなる関心を高める機会を提供いたします。 東大阪JCには一に返信、二に出席という言葉があります。本年も出向者との連携を図り、きめ細やかな情報の共有を図ることで、日本JCが行う各種事業の意義や目的を当委員会が率先して学び、発信することで参加意識醸成につなげます。
来年開催されるラグビーワールドカップは東大阪の魅力を発信する絶好の機会です。この機会に、東大阪へ訪れる人々に対する様々なアプローチの手法を市民に伝え、地域活力の向上をめざす機会とします。
当委員会はメンバーの参加意識を醸成し、おもてなし精神を忘れることなく新たな人々との出会いを提供してまいります。

2018年度委員会事業内容予定

開催予定日 事業名及び事業の概要
4月

ラグビーワルドカップ開催について考える機会となる例会の開催

行政と市民 、ラグビー関係者が一体となり東大阪に訪れる方々へのアプローチ手法について考える機会を共有し、地域活力の向上をめざすこと目的とした例会を企画、運営します。

9月

河内地域合同例会への協力並びに参加意識醸成

河内地域合同例会について情報を収集し、メンバーが参加しやすいように早期発信、意識醸成につなげます。

通年

委員会の開催

意思疎通の徹底を心掛け、参加意欲を高め、メンバーと共に成長できる委員会を開催します。

その他、委員会の取り組み事項

  • JCI並びに日本JC各種大会への参加意識醸成並びに窓口
  • ラグビーワールドカップについての他開催地LOMとの連携
  • 台中JCおよびオウルJCとの連携窓口
  • 出向者の支援・情報管理
  • 東大阪JCの未来を担う人材の発掘および入会者支援

まちの魅力発信委員会

委員長 百村 慎太郎

『To attractive 東大阪』

東大阪に誇りと愛着をもってもらうには、まちの魅力に触れることが必要です。私たちの周りには当たり前すぎるが故に埋もれてしまっているまちの魅力がたくさんあります。多くのスポーツ施設や恵まれた自然が存在するこの東大阪で、活躍する人や魅力あるスポットを発掘いたします。市民の方と取材を通じてまちの魅力を共有し、広報委員会と協力し効果的に発信することで市民の方にまちへの誇りと愛着を育みます。東大阪にはラグビーの聖地、東大阪市花園ラグビー場があります。私たちが積極的に地域と関わりをもち「ラグビーのまち東大阪」を発信することで、まちに誇りと愛着をもってもらいます。ラグビーワールドカップの開催はまちの価値を高めると同時に、スポーツの魅力を発信する絶好の機会となり、スポーツと地域のつながりを深めます。当委員会では、お互いを助け合い一体感をもった委員会運営を行うことで、LOM全体の模範となるよう努めていきます。

2018年度委員会事業内容予定

開催予定日 事業名及び事業の概要
1月・12月

全国ラグビー選手権における湯茶の接待

全国から花園へ来場されるみなさまに東大阪の魅力をPRしてまいります。

3月

スポーツを活かした地域活性について考える機会となる例会の開催

スポーツの魅力と地域のつながりを活かした地域活性について考える例会の企画・設営します。

7月

近畿地区大会でのブース企画・設営

ブース出展を通じ他LOMメンバーや地域の方にも東大阪の魅力をPRしてまいります。

随時

スポーツの魅力を活かしたまちの魅力発信

スポーツをする未来ある人材にスポットをあて、市民に関心をもっていただけるような取材をし、広報委員会と連携して、魅力を発信してまいります。

随時

広報委員会と協力したまちの魅力発信

地域交流をするうえで、東大阪の魅力あるスポットを市民に知ってもらい広報委員会と連携して、魅力を発信してまいります。

通年

委員会の開催

メンバーと共に育つことができるような委員会運営をいたします。

  • 献血運動への協力
  • 東大阪JCの未来を担う人材の発掘および入会者支援

広報会員交流委員会

委員長 河合 佑彦

『結束力』

東大阪JCの活動をより効果的にするためには、私たちが行っている運動をまち全体に周知する必要があります。当委員会では事業の設営準備段階から広報しJCが持つ魅力を発信することで事業、例会へ興味をもっていただきます。
会員拡大についても東大阪JCを知ってもらうことは重要です。伝わりやすいホームページの運営をすることで魅力を発信してまいります。 私たちがJC活動を行うことができるのは、身近な人や仲間の協力があるからです。
メンバー間の交流を深めることはもちろん、当たり前にJC活動ができることに感謝する会員交流事業を実施いたします。 卒業生が現役生活で培ってきた経験や学びを現役メンバーに伝え、東大阪JCのさらなる発展につながる荘厳な卒業式を設営いたします。
LOMメンバーが一致団結していなければいい事業は行えません。当委員会は他委員会の事業に率先して参加、発信することで結束力をより強固なものとしてまいります。

2017年度委員会事業内容予定

開催予定日 事業名及び事業の概要
6月

情報セキュリティについて学ぶ機会となる例会の開催

情報を扱うなかでセキュリティ管理の重要性について学ぶ機会となる例会を開催いたします。

10月

会員交流事業の開催

メンバー同士の交流を図ると共に、当たり前になってしまっていることに感謝する事業を開催いたします。

12月

卒業式の企画・運営

卒業生の経験や学びを伝える場としてふさわしい荘厳な卒業式を開催いたします。

通年

LOMホームページの管理

他委員会と密に連絡を取り合い、迅速かつ正確な情報を提供いたします。

通年

東大阪JCの魅力発信

東大阪JCが行っている日々の事業を企画、準備段階から発信することで、市民にJCの存在を訴えかけます。

通年

委員会の開催

LOMの結束をより一層深めるため、全委員会の中心となれるような委員会運営を行います。

その他、委員会の取り組み事項

  • じゃがいもゴルフコンペの開催(9月)
  • 各事業の取材並びに情報発信
  • 情報セキュリティの管理
  • 東大阪JCの未来を担う人材の発掘および入会者支援
  • LOMPR動画の作成

総務広報委員会

委員長 小西 栄輝

『凡事徹底』

総務委員会に求められることは基本に忠実であることと、財政、規則面を含む運営を支える職務であると考えます。LOMの根幹となる総会では、最高意思決定機関であることを肌で感じるような厳粛さと円滑な設営を行い、本年度の運動の方向性と財政をLOMの全員で共有する場といたします。理事会ではよりよい事業へとつながる責任感をもった素晴らしい議論の場となる運営を行ないます。
財政規則審査会議を開催することで、健全な会計処理が行われているかを精査すると共に、コンプライアンスが求められる昨今において、東大阪JCとしても著作権、肖像権、プライバシーなど法令を各委員会と協力し遵守してまいります。
褒賞においては、出席率に寄与できるよう委員会と個人を表彰し、ひいてはLOMの活性化につながるように行ないます。
LOMにとって運営の要となる総務委員会として、重大な責任と誇りをメンバー全員で持ちながら委員会運営をしてまいります。

2018年度委員会事業内容予定

開催予定日 事業名及び事業の概要
1月・8月

定時総会の設営および運営

LOMの最高意思決定機関である総会を厳粛かつ円滑に行います。

10月

全国大会でのブース企画・設営

東大阪の魅力を来場者に発信いたします。

通年

財政規則審査会議の開催

審査対象事業の予算・決算の適正処理および、コンプライアンスの遵守を審査いたします。

通年

LOM内褒賞

LOMの活性化に貢献された委員会、個人を表彰します。

通年

委員会の開催

LOMの運営の要として規則の率先垂範となる委員会運営をいたします。

その他、委員会の取り組み事項

  • 理事会の設営および運営
  • 会員名簿、基本資料の作成
  • 事務局の運営・倉庫管理
  • 収支予算書、決算の審査
  • 事業予算、決算の審議
  • 財務管理
  • 定款、諸規定の管理および検証
  • 公益目的支出計画の精査および研究
  • アニュアルレポート(年次報告書)の作成
  • 東大阪JCの未来を担う人材の発掘および入会者支援