組織図/事業計画Chart

2019年度 一般社団法人東大阪青年会議所 組織図

2018年度組織図

2019年度 東大阪青年会議所事業計画

ボタンを押すとPDFファイルにてダウンロードできます。

ダウンロード

2019年度委員会事業計画

名前をクリックすると各委員会の事業計画がご覧頂けます。

情熱リーダー育成委員会
国際交流力向上委員会
情熱リーダー発掘委員会
ホスピタリティ向上委員会
まちの未来創造発信委員会
地域の担い手育成委員会
総務財政規則特別委員会

情熱リーダー育成委員会

委員長 西村 雅彦

「伝える」

 先人たちから脈々と受け継がれる創始の精神を継承してきた我々東大阪JCは、一人ひとりの成長により組織を発展させ、地域市民に影響を与える運動を発信してまいりました。時代に合わせ運動は変化しながらも受け継がれる創始の精神の根源には何ごとにも挑戦し続ける情熱があり、東大阪JCが市民になくてはならない存在であり続けるには、物ごとの本質を理解し誰もが情熱を持つ地域の中で魅力溢れるリーダーとなる人財が必要です。
 まずは、メンバーの自己成長と組織力を向上するために、これまでのJC活動の中で得た繋がりやJCの持つ人財育成プログラムを体験することで、リーダーとしての資質向上を図ります。そして、JCを多くの方に知ってもらうために、市民が一体となる交流の場に東大阪JCが参加しJCの魅力をPRすることで、我々の活動に市民の共感を得ると同時に、その過程で新入会員にはJC活動を理解していただき仲間との絆を育みます。さらに、近畿圏内の方に東大阪への関心を持ってもらうため、東大阪にある多くのまちの魅力を伝えることで、東大阪ブランド力向上の一助となります。また、魅力的な情熱リーダーになるために、新入会員が東大阪の魅力ある情熱リーダーを調査し発表することで、自身が描く情熱リーダー像を醸成させ今後の活動への意欲向上を図ります。そして、新入会員がJC活動の意味を知るために、多くの人と関わる機会を提供することで、自己成長と仲間との友情を構築します。さらに、青年経済人として成長するために、限られた時間の中で要点を伝える機会を提供することで、人に物ごとをよりよく伝える技術向上を図ります。
 多くの経験を積みJCの知識や個々の成長を得たメンバーは、積極的に人の心を揺さぶる真のJAYCEEとして東大阪JCの新たな情熱の火種となり、多くのメンバーや市民を巻き込む、誰もが心から、まちを誇り人を想う、未来を描く人財を創出してまいります。

国際交流力向上委員会

委員長 奥田 雅保

「行こう、知ろう、語ろう、きっかけは出会いから」

 経済政治文化等の様々なシーンでグローバル化が進み、SNS等で簡単に世界の人々と コミュニケーションが取れる中、社会がどれほど高度化、複雑化しても国際交流を進めるのは人間同士であり、人や文化の相互理解が必要不可欠です。国際交流の場において、他国の文化や価値観をよく知ると同時に、自国のよさや東大阪ブランドの国際的な価値について語ることができる、多様な価値観を兼ね備えた国際感覚が洗練された人財が必要です。
 まずは、国際交流の場において相互理解を図れる人財へ成長するために、国際社会において日本だけでなく世界で活躍している多様な価値観を持つ方の話を聞き、他国の文化と日本の文化の違いや新たな価値観を醸成することで、国際交流に対する見識が広がります。 そして、台中國際青年商會、オウルJCとの友情をさらに強固なものとするために、両国の周年記念式典には多数のメンバーで出席し、現役メンバーが個々に親密な交流を図り他国の文化を深く認識することで、多くのメンバーが相互理解を得られる機会となります。さらに、国際社会で活躍できる多様な価値観を持った屈強な人財となるために、国際社会からみた東大阪ブランドを学び、世界に誇れる東大阪ブランドを市民に発信することで、他国の誇りに共感でき、相互理解と友好の基盤を築ける存在となる機会が創出されます。 また、国際の場においてJCだからこそ味わうことができる個人の成長の機会を一人でも多くのメンバーに経験してもらうために、日本JCと連携してJCI各種大会の意義と魅力を伝え、参加意識を醸成することで、自己成長に必要な国際交流の機会が得られます。
 国際交流の場を経験したメンバーが、人と相互理解が図れる存在へとなり、他国の文化や価値観に対する認識と、自国のブランドが持つ国際的な価値を誇り、語ることができる多様な国際感覚を併せ持つ、まちを誇り人を想う、未来を描く人財を創出してまいります。

情熱リーダー発掘委員会

委員長 松村 隆志

『未来へ繋ぐ』

 JCには卒業制度があり、毎年卒業による会員数の減少と、LOMに魅力を持てなかったメンバーの退会が増加傾向にある中で、近年は会員減少を凌駕する会員拡大と退会者減少の両輪での取り組みが基本になっています。偉大なる先輩諸兄から受け継いできたLOMを愛し、相手に伝えたいほどの情熱を抱き、利他の心と誰に対しても寄り添う心を持ち、LOM全体が一丸となった次世代に途切れることなく引き継がれる会員拡大が必要です。
 まずは、東大阪JCを魅力的に感じてもらうために、我々の委員会がJAYCEEとして品格のある行動を心掛け、LOM全体に寄り添う心を伝播することで、新たな同志を受け入れる体制が整います。そして、メンバーの拡大意識を向上させるために、拡大成功者が拡大の情熱と必要性を伝える機会を提供し、会員拡大が当たり前だと感じてもらうことで、メンバー一人ひとりが能動的に会員拡大に取り組む体制が整います。さらに、JCに興味を持てないメンバーにJCの魅力を伝えるために、全員がコミュニケーションを取れる環境を構築し、JCでの可能性、無限大に広がるフィールドを伝えることで、自分を見直し率先して行動できる人財に成長します。また、情熱を持って行動することの重要性を感じてもらうために、巻き込み力のある情熱溢れるリーダーと接する機会を作り己の心に情熱を宿すことで、JCだけではなく地域にも多大なる貢献ができる人財に成長します。そして、永年的に拡大意識を根付かせるために、長期を見据えた計画を立て拡大に対し共通認識を持つことで、短期間の行動が的確に定められ、全員で拡大する意識に繋がります。
 我々の行動の積み重ねは会員拡大という成果をもたらし、同志が増える喜び、結果から得られる醍醐味、達成感こそがやりがいとなりメンバー相互の信頼関係をも強くし、その団結こそが何十年にも渡り、まちを誇り人を想う、未来を描く人財を創出してまいります。

ホスピタリティ委員会

委員長 西尾 健作

『精錬恪勤』

 明るい豊かな東大阪の実現をめざす東大阪JCは、市民だけでなく大切な家族や社員な ど身近な人々に理解されてこそ、より積極的な運動へと邁進することができると考えます。インターネットを通じた情報発信が当たり前となった現代では多種多様な広報ツールが存在する中、対内外の窓口役となり親しみやすく訴求効果が高い発信を通じて、まちを想い運動を展開してきた東大阪JCのブランドイメージをさらに向上させる必要があります。
 まずは、メンバーが東大阪JCの一員としてまちに運動を広めるために、ブランディングの重要性について学ぶ機会を創出することで、まちづくり団体の一員としての意識醸成を図ります。そして、東大阪JCの運動に対し、市民やメンバーの賛同を得るために現代の広報ツールを活用し市民にわかりやすい情報発信を行うことで、事業への参加意識を醸成します。さらに、我々の活動内容により磨きをかけるために、先輩諸兄と触れ合う機会を設営し、過去の事業の経験などを語り合う場を創出することで、今後の活動へのアドバイスをいただき自らの成長へと繋げます。また、メンバーと家族の絆を深めJC運動への理解を得るために、家族が楽しく過ごせる時間を提供することで、日頃の感謝の気持ちを伝えます。そして、日本JCなどが主催する事業に一人でも多く参加してもらうために、PR動画を作成し事業の趣旨や魅力を伝えることで、前向きな考え方のできる人財に成長します。さらに、卒業生の想いを受け継ぎ活動意欲をさらに向上させるために、荘厳で心に刻まれる卒業式を設営することで、卒業生の労をねぎらうと共に敬意と感謝を伝えます。
 これからの東大阪JCのまちづくり運動が多くの市民に理解されれば東大阪JCのブランドイメージ向上に繋がり、メンバーがさらに生き生きとJC運動に参画し、よい人財が集まりLOMが活性化され、まちを誇り人を想う、未来を描く人財を創出してまいります。

まちの未来創造委員会

委員長 三宅 広明

『霖雨蒼生』

 経済格差の拡大によるひとり親世帯の貧困の増加やネグレクトの問題が増加し、親子のコミュニケーションが取れない家庭、周囲の理解や共感、支援を得られない発達障がいのある子供が、自分たちの未来に明るい希望を描くことを願っています。この問題の解決に向け現状を正しく認識し階梯となることが持続的なまちの発展に重要であり、誰もが安住し力を発揮できる明るい豊かな東大阪の実現をめざし、まちの未来を描く必要があります。
 まずは、「ラグビーのまち東大阪」を発信するために、全国高校ラグビー選手権大会で湯茶を振る舞うことで、全国から集まる来場者へおもてなしを感じていただきます。そして、社会的包摂の必要性を認識するために、発達障がい者を抱える家族の問題やその家族と地域との繋がりの希薄化を重要な課題として捉えることで、社会的弱者となっている市民の現状を把握し見識を深めます。さらに、様々な背景から心の病を抱えた子供が次の一歩を踏み出すために、社会における価値観の多様性を学ぶことで、子供の秘めたる可能性について考えます。また、発達障がいを抱えた子供が社会への適応力を高めるために、産官学民と連携し地域とふれあう場を設けることで、親の精神的不安を取り除き子供の積極的な地域参加に繋げます。そして、ひとり親の社会参加を促進するために、行政との窓口となり育児に悩む母親のストレスの緩和や、経済的問題を改善する機会を設けることで、仕事への意欲の高揚を図ります。さらに、市民の政治参画を促すために、まちの政策やビジョンを認識できる機会を設けることで、当事者意識が高まり選択の明確化に繋がります。
 自分の居場所をみつけられず地域のコミュニティに参加できない子供や、社会に適応できず活躍できる場を求めている市民に寄り添い、誰もが躍動できるまちの未来を地域と共に考えていくことのできる、まちを誇り人を想う、未来を描く人財を創出してまいります。

地域の担い手育成委員会

委員長 板倉 昌

『孟母三遷』

 様々なコミュニケーションツールを当たり前に使う時代において、多様な価値観がSNSを通じて瞬時に共有され、簡単にコミュニティを形成し個人を優先するなかで、一番身近な人の繋がりさえも希薄になっています。未来を想い描くうえで、人を慈しみ自分の想いを相手に伝える大切さを学び、個人の価値観はそのままに人を想う気持ちの大切さと、礼節から感謝の心と道徳心を学び、まちの魅力を誇りに想う郷土愛を持つ必要があります。
 まずは、表情と言葉で直接自分の想いを相手に伝える重要性を知るために、大人と子供が向き合う環境の大切さを学ぶ機会を設けることで、地域の大人と子供の繋がりをさらに深めます。そして、自らの力で物事を考え成し遂げる強い気持ちと人を思いやる心を持つために、自分に負けず心と体をぶつけ合うことで、勝負の先にある相手を称え慈しむ心を学びます。さらに、生まれ育ったまちのことを知りまちを想う原動力を養うために、世界に誇る中小企業の技術力や文化財までを広く理解すると共に、友情を深め仲間との繋がりの大切さを学ぶことで、生まれ育ったまちの魅力を誇りに想う郷土愛が醸成されます。また、行動するときの善悪の判断基準となる道徳心の大切さを学ぶために、古来より日本人が大切にしてきた、人を敬う心や礼儀作法の重要性を知る機会を設けることで、地域の発展を願い自ら行動する人財へと成長します。そして、市民のまちづくりへのさらなる参画意識向上を図るために、わんぱく相撲東大阪場所の市民への移譲方法や、それに伴い発生する利点と課題の調査および検証を行なうことで、市民が主体となった運営をめざします。
 大人が模範となり自らまちの魅力を感じ誇りに想うなかで、思考の土台となる道徳心を芽吹かせ、礼節を重んじ感謝の心で繋がった郷土愛を育んだ子供たちが、未来の担い手として無限の可能性を宿した、まちを誇り人を想う、未来を描く人財を創造してまいります。

総務財政規則特別委員会

委員長 川南 茂雄

『凡事徹底』

 東大阪JCは明るい豊かな社会の実現をめざす団体として設立され、多くの時間と先輩諸兄の尽力をもって様々な事業を行い、地域との連携を築きながら目的を達成すべく歩んでまいりました。今後もこの運動を持続的に展開していくには、メンバー全員が組織の理念と目標を認識し、方向性を統一した組織体制を維持すると共に、財政の健全性と透明性を保持し、コンプライアンスを遵守する組織として社会からの信頼を得る必要があります。
 まずは、会計の正確性と法令や規則への遵守意識を組織に根付かせるために、財政規則とコンプライアンスについて学ぶ機会を提供することで、組織の社会的信頼性を確立します。そして、東大阪JCが達成すべき目標を共有するために、堅実な会議運営を行うことで、LOMの理念と方向性を統一します。さらに、運動構築の手順を能率よく行うために、議案上程システムを運用することで、会議運営の効率化を図ります。また、メンバーの能動的な参加を促すために、各々の委員会の運動を共有し讃えあう場を提供することで、LOMを活性化します。そして、財政規律の維持とコンプライアンスを徹底するために、事業の予算および決算が適正か、法令や規程を遵守しているかを審査することで、組織の客観性を高め、社会に信頼される組織にします。さらに、社会から求められる組織基準との整合性を図るために、組織の規定や公益目的支出計画を調査、研究することで、公益性の高い組織運営を維持します。また、1年間の東大阪JCの趣旨や運動を対内外に発信するために、LOMの情報を公開し、地域やメンバーに東大阪JCの公益性を浸透させます。
 堅実な組織運営が速やかな情報の共有と組織の目的意識の統一を生み、健全な財務管理とコンプライアンスの厳守が社会的信頼となって、地域に根ざした運動を持続的に展開できる組織の基盤が確立され、まちを誇り人を想う、未来を描く人財を創出してまいります。

新入会員募集

ページトップ