一般社団法人東大阪青年会議所

メンバーインタビュー

メンバーインタビュー

ホーム » メンバーインタビュー » 福井 孝憲

福井 孝憲

絆委員会

入会 1 年目

  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
学歴

同志社大学理工学部卒

入会年度

令和2年2月入会

会社名

(株)S・H・C

職業 保険代理店
住所

大阪府大阪市大正区千島3-13-20 シエール千島3F

TEL 06-6586-6405
HP shc-ms.jimdo.com/

高い身長に精悍な顔立ち、ハキハキとした会話力、そして人の警戒心を緩めさせてくれる優しい笑顔。

そんなギャップを感じさせてくれる、今年入会した福井くんにお時間をいただきました。

まずインタビューをして思うのが若いのにしっかりしている。

それもそのはず彼は元ラガーマンであり、なんと高学歴!そしてさわやか!!

そんな福井君から会社の話や青年会議所に入り感じていることを聞くことができました。

▶(株)S・H・Cのことを教えてください

 三大疾病やがん保険などの生命保険と住宅や自動車などの損害保険を扱っている保険の代理店です。

もともと本社が愛媛県にありまして、5年前に社長が定年になられたときに企業されたのですが、現在は全国に12拠点展開しております。

▶(株)S・H・Cとはどういう意味ですか

「S・H・C」とは「スマイル・ハッピー・コンサルタンティング」の略でして、

笑う門には福来るような契約ができるように社長が名づけられました。

▶この仕事をはじめたきっかけは

以前は小松製作所に勤めていたのですが、その時に営業の仕事をしたいという思いがありました。何度か会社に掛け合ってみたのですが、なかなかその要求も受け入れてもらえないところに知り合いから保険の仕事の話をいただきました。

はじめは保険の仕事と言ってもあまりピンとこなかったのですが、話を聞いているうちに段々興味がわいてきて、一度自分の力を試してみたいというもありこの仕事を始めることにしました。

▶ちなみにファイナンシャルアドバイザーってどんな仕事ですか

最近テレビとかでも見る機会があり、保険関連になるのですが、税金とかのお金の知識をつけていただき、相続や資産運用などの将来への人生設計をするお手伝いの仕事です。

▶青年会議所に入るきっかけは

もともと僕は徳島の高校でラグビーをやっており、頑張って徳島県選抜にまでにはなったのですが、高校で花園へ行くことはできずあこがれみたいなのがありました。

それでできれば東大阪の人たちとも仕事で関われたらと思っていた時に、たまたま去年の年末に東大阪青年会議所の方と知り合いましてそこからはトントン拍子で入ることになりました。

せっかくなら東大阪青年会議所に入ったので花園に関わることもしてみたいですね。

▶今年の前半を振り返ってみて

やはり新型コロナウィルスの影響でお客様と対面での営業をすることができなくなり、弊社も電話での接客に切り替えるなどのいろいろと模索中です。今後も各業種で変化を求められていくでしょうね。

▶今年の下半期に挑戦してみたいこと

今年は絆委員会に所属させていただいており、まだ青年会議所での動き方については新型コロナウイルスの影響もありこれからです。でもラグビーに関わることをしてみたいので、年末に行われる湯茶の接待は楽しみにしています。

▶インタビューを終えて

インタビューから感じるのが、根底にスポーツマンとしてのマインドが息づいており、誠実さの中に思いやりを感じます。そしていろいろなことを吸収しようとする向上心。

それはきっと高校時代にラグビーで培われた経験が彼を一層、強い人間へと成長させてくれたのでしょう。

そんな彼はまだ31歳とこれからの青年会議所を引っ張っていってくれる人財であります。ひとりでも多く、成長を目指しているメンバーが集うこと。我々の歩みは止めることなく、明日へ向かって邁進してまいります。