一般社団法人東大阪青年会議所

メンバーインタビュー

メンバーインタビュー

ホーム » メンバーインタビュー » 渡邊 一正

渡邊 一正

和の心委員会 委員長

入会 3 年目

  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
  • 活動報告写真その1
勤務先 NPO法人 夢
電話番号 072-982-6060
住所 東大阪市四条9-8
URL www.yumegroup.co/yume
座右の銘

患を以て利と為す

尊敬する人

父・妻

JCには「奉仕・修練・友情」という三信条があります。

よりよい社会づくりをめざし、ボランティア活動や社会貢献活動を積極的に取り組んでいく活動をしています。

今回は「奉仕」をテーマに東大阪で総合福祉事業を展開されている渡邊くんに話を伺いました。

Q1 NPO法人夢についておしえてください。

当団体は2013年設立し、2014年6月に現在の土地に開所しました。

今年で6年目になります。

業務内容は児童デイサービスの事業として知的や身体に障害がある子供への身体的支援や療育、余暇活動の支援、ショートステイを利用していただくことで家族や支援者のケアを行っております。

また訪問介護ではお出かけや自宅での支援活動も行っています。

Q2 始めようと思ったきっかけは?

元々は全く別の業種をしていたのですがリーマンショックの影響で仕事を続けておくことが困難になり、それなら以前から興味があった介護業界に就職しました。

業界に入って気づいたのが、介護には「訪問・通い・泊り・住み」でそれぞれ事業所があり、利用される方はそれぞれの事業所と契約しないといけなくてとても効率が悪く、すべての業務をひとつの事業所でできる利用しやすい施設を作りたいと思ったのがきっかけです。

Q3 貴団体の強みは?

前記にもあげましたが、一つの法人で訪問、通い、泊りのすべての業務が行えるおかげで職員間の連携がしやすく、利用者への支援がスムーズにできることです。

また、泊り業務もしていることで急遽親御さんが入院や残業することになってもお子さんの受け入れが可能です。

また通いでしたら年末年始や日曜日の利用も行っているのも強みの一つだと思っています。

Q4 2020年の挑戦

東大阪JCでは入会当初から初めての海外ミッションや西日本豪雨の被災地でのボランティア活動の参加などいろいろなことを経験させていただきました。

どれも以前から興味はありましたが一歩踏み出すことができなくて、このようなさまざまな機会をいただいたことに感謝しており、今後も機会がありましたら何でも挑戦してみたいです。

きっとその経験が自分の会社にも活かせると思います。

Q5 東大阪青年会議所について

一番は実際に事業が始まった時の「団結力」です。

入会当初は経営者やそれに準ずる方が多いので時間がなく、各々の考えがあってまとまりがないのではないかと思っていましたが、事業が始まったときにはさすが会社のトップに立つ人たちだと思わされました。

また、新入会員だった僕のわがままにもいやな顔一つせず根気強く付き合っていただいたことには今でも感謝しております。

インタビューを終えて

今回こちらのNPO法人「夢」に来て感じたのが、

「子どもたちがとても楽しそうにしていて、みんなが自由にできる空間がある」

とても居心地がいい場所でした。

それはきっと代表者である渡邊くんの人柄があるからこそ出せる事業所の雰囲気であり、またそんな職場だからこそ働いてくれる職員さんや安心して利用する親御さんがいるのだということが分かりました。

今後JC運動で参加できそうな事業があるときはぜひ参加していただいて、共に笑い、一緒にいろんな経験をしていければ光栄です。