一般社団法人東大阪青年会議所

副理事長・専務理事
基本方針

副理事長・専務理事 基本方針

ホーム » 2020年度基本方針 » 副理事長・専務理事基本方針

  • 松村副理事長基本方針
  • 板倉副理事長基本方針
  • 塚田副理事長基本方針
  • 阪口専務理事基本方針

絆委員会
CONNECT委員会
担当副理事長 松村 隆志

 東大阪JCはまちの未来の発展に貢献し夢や希望を描き明るい豊かな社会の創造に向け、 メンバー一人ひとりの資質向上と志を高くもった新たなメンバーの増員に向け日々運動も展開してきました。新たな出会いが先人から連綿と受け継ぐ組織の確固たる成長の可能性と捉え、メンバーが誰一人取り残されず、一人ひとりが新たな可能性をみつけ果敢に挑戦し、JAYCEEとしての誇りと情熱をもつ魅力ある青年へと成長する必要があります。
 まずは、青年経済人としての自覚を再認識するために、一人ひとりどのような未来を描くべきなのか調査・検証し伝えることで、自身の未来に期待をもちます。そして、メンバ ー全員で魅力ある組織作りをめざすために、品格ある行動を見直すことで、地域から求められる組織になります。さらに、東大阪の魅力を広めるために、己の成長に期待し、JCの門をたたいた青年同志がまちの魅力を発信することで、まちに対しての熱い想いが人々に伝播し、東大阪に興味を抱きます。また、何事にも果敢に挑戦する心を養うために、自分の未来を描く楽しさに気付く機会を得ることで、自信に満ち溢れた人格が形成されます。そして、人間関係を構築するために、相手や自分の立場を尊重しあうことで、事業へ能動的に参加する意欲に繋がります。さらに、新たな出会いの中に絆を育むために、利他の心をもち組織作りの魅力を共有することで、JC活動へ率先して行動する人財へと成長します。また、新しい仲間と共に明るい豊かな社会の実現に向け行動するために、同志の目的意識を統一し、メンバー一丸となることで、魅力ある東大阪JCへと生まれ変わります。
 歴史を継ぎ、絆と繋がりを紡ぎ、さらに歴史を刻むために立ち止まることなく成長し、一人ひとりがオピニオンリーダーとして自覚し、背中をみせ続け、これからの明るい未来の創造に夢を与え続ける組織となり、まちのため、ひとのため、未来へ向けて挑戦しよう。

HIGASHIOSAKAブランド発信委員会
和の心委員会
担当副理事長 板倉 昌

 近年グローバル化が進む中、ラグビー世界大会の開催が後押しとなり、東大阪への来訪者が増加傾向の今、来訪される方々の様々な影響により、国際交流の重要性や地域経済の活性化に注目が集まっています。我々の活動は身近な方のサポートがあってこそ成り立ち、運動は先輩諸兄が紡いでこられた歴史の上にあります。グローバルパートナーシップの活性化と国内外で活躍する仲間と交流を深め、全てのひとと調和していく必要があります。
 まずは、東大阪のインバウンド効果をあげるために、東大阪の現状や資源を知り、インバウンド効果がもたらす優位性を学ぶことで、地域経済が活性化します。そして、近畿地区に住む方々へ東大阪ブランドを周知させるために、東大阪の魅力を発信し伝播することで、来訪者が増えます。さらに、姉妹JCとの交流を深めるために、台中JCとオウルJCとの連携窓口となることで、双方の文化を理解し友情を育みます。また、同じ志をもつ仲間や先輩諸兄と交流するために、同じ時を過ごし、共に汗を流すことで、調和の精神を磨きます。そして、身近な家族や会社にJC運動を理解してもらうために、我々の想いや活動する姿をみてもらい共に情報を共有することで、これからのJC運動をさらにサポートしてもらえる環境を作ります。さらに、卒業する仲間から歴史と誇りを受け継ぐために、荘厳な空気を演出し今まで活動してきた想いや経験を語ってもらうことで、強固な絆が生まれ運動が昇華します。また、出向者とLOMで活躍するメンバーの相互理解と成長を促進させるために、出向者支援の窓口となることで、東大阪JCがさらに輝きを増します。
 JC運動を支える身近なパートナーの理解を得て、先輩諸兄が紡いでこられた歴史を学び東大阪ブランドを発信し地域経済を活性化させ、誇りを胸に熱い想いで繋がった仲間たちと共に、新たな軌跡を描けるよう、まちのため、ひとのため、未来へ向けて挑戦しよう。

MOVEMENT開発委員会
DREAMER育成委員会
担当副理事長 塚田 祐也

 我々東大阪JCはまちを本気でよくしたいという熱い想いから、明るい豊かな東大阪の実現に向け、様々な変革や革新を起こしてまいりました。そして、本年度は持続可能な開発目標、SDGsの項目にある課題解決を大きな可能性と捉え、一人ひとりが心と心を寄せ合う、誰もが安心して安全に住み続けられるまち東大阪の確立、未来の担い手である子供たちには自分らしさを活かし、果敢に大きな目標に挑戦できる質の高い教育が必要です。
 まずは、一人ひとりが思いやりの心をもって互いに協力し合うために、お互いの足りないところを補い合う助け合いの精神の重要性について学ぶ機会を創出することで、心と心を寄せ合う気持ちを醸成いたします。そして、子供が今後の人生で必要な努力することの大切さと徳性を学ぶために、伝統文化である国技を通じて相手を尊重し真剣勝負に挑戦することで、礼節を学ぶと共に達成感、向上心を養います。さらに、自分の意思を強くもった人間へと成長するために、普段の日常では味わえない成功体験や失敗体験を得ることで、長所も短所も含めて自己を肯定し自己を高めようとする気持ちが育まれます。また、誰もが安心して住み続けられるまち東大阪の確立のために、市民自らが自分たちの住む東大阪を自分たちで守るという想いをもつことで、民間と地域諸団体が共に防災減災の取り組みや知識を共有いたします。そして、主体的に自分の進路について決定する心をもつために、自分が決めた目標をイメージし、その目標を達成するには何が必要か学ぶ機会を創出することで、今後の成長過程でよりよい環境や幸せな人生を築き上げていく力を育みます。
 我々JCがもつ無限の可能性を躍動させ、自分の意思を強くもつ、将来は夢や希望に満ち溢れた若い世代である子供たちと、安心して安全に住み続けられるまち東大阪の一人ひとりが思いやりの心をもった市民と、まちのため、ひとのため、未来へ向けて挑戦しよう。

財政規則審査委員会
総務広報委員会
専務理事 阪口 陽介

 東大阪JCは、63年の歴史の中で、公益性の高い事業と時代に即した組織運営を行いながら、確固たる地位を築いてきた組織であり、まちで運動を行う我々は、対外からの信用と信頼を得る組織であり続ける責務があります。まちのためになる運動、規律ある運営と各所との強固な繫がりを確立し、発展的で効率的な議論を行う環境を整え、公益性の高い運動と秩序ある運営が相乗効果となる、揺るぎない組織基盤を形成することが必要です。
 まずは、財政規則を遵守するために、会計やコンプライアンスの必要性と基礎知識を学ぶ機会を創出し、公益性を高めます。そして、組織の透明性を高めるために、合規制のある会計報告を行い、社会からの信頼を得ます。さらに、予算が目的達成の見地から適正に利用されるために、各資料を検証し、費用対効果と相対支出を厳守します。また、正確な会計処理を行うために、識者と連携し指導と支援を行うことで、会計処理の統一化を確立します。そして、本年の運動指針を共有するために、厳格な会議を設営し、統制された組織運営を行います。さらに、運動を円滑に遂行する環境を整えるために、議論を酌み交わす機会を創出し、運動構築の一翼を担います。また、参加意識を醸成するために、時代に即したシステムによって、適時適切な情報発信を行います。そして、価値ある運動を生み出すために、運動の成果について検証し、賞賛と労いの場を設けることで、事業構築に対する意欲が高まります。さらに、東大阪JCに関心を持つ人々の裾野を広げるために、運動の意義や歴史について国内外に発信することで、東大阪JCブランドをさらに高めます。
 運動と運営が調和した高い相乗効果を生み出す盤石な組織基盤を形成し、無限の可能性に挑戦し続け、有機的に繋がる秩序ある組織として、まちからの信頼を得る我々が、市民とスクラムを組み、興味を掻き立て、まちのため、ひとのため、未来へ向けて挑戦しよう。